Rainbow
Studio

ホームページ制作お任せください。

お客様のご要望に柔軟に対応致します。

メイン画像

2020/1/31

初めての海外一人旅 in HAWAII

こんにちわ、ひろみんです。

栃木に住んで33年になりますが、趣味が旅行で頻度はそんなに多くないけれど年に1,2回旅行に行きます。

 

主な行先は国内だと京都で海外だとハワイに行きます。

 

この記事では僕自身がハワイに行った時に感じたこと等について書きたいと思います。

 

ハワイに行こうと思った理由

まず最初に何故ハワイに行こうと思ったのか?

 

  1. 大学4年生の時にアメリカ本土に一カ月留学した経験があり、またアメリカに行きたいと思った。
  2. ハワイであれば日本人が多く日本語も通じると思ったので海外旅行初心者には良いかなと思った。
  3. 小さいころからなんとなくハワイに対しての憧れがあった。
  4. 両親が以前にハワイに行き、とても楽しそうだったから。

 

大体こんな感じの理由でした。

 

初めてハワイに行こうと決心したのは、出発日の一ヵ月半ぐらい前でした。

 

両親がハワイ旅行から帰ってきて楽しそうにハワイの話をしているのを聞いて、前から行きたいと思っていたハワイにどうしても行きたい気持ちが次第に強くなっていきました。

 

そこから旅行会社に申し込みに行って、ハワイについてのパンフレットを貰い、書店で購入した旅行雑誌と合わせて色々ハワイについて調べ始めました。

 

一人で海外旅行へ行くことの不安

 

国内は一人で京都に行くことが結構あったのですが、今回はいつもと違い行先は海外。

 

以前アメリカ本土に留学してたとは言え、今回は一人旅だったのもあり正直少しだけですが不安はありました。

 

  • 無事つくことができるか?
  • 現地でのコミュニケーションは大丈夫か?
  • 迷子にならないか?

 

職場の人にもハワイに一人で行くということを話すと、大丈夫?怖くない?等言われたりもしました。

 

でもどちらかというと不安よりもわくわく感の方が勝っていたので、本当にハワイ出発日を心待ちにしていました。

 

出発日までにESTAの手続きや現地で参加するツアーをどれにするか悩んだり、スーツケースをレンタルして荷造りをしたりと大変な一面もあったけれど色々自分で計画を練るのも楽しかったのです。

 

この頃は本当に毎日ハワイのことばかり考えていました。

 

そして、あっという間にハワイ出発当日の朝になりました。

 

遂にハワイ出発日

 

スーツケースを車に積み込み、成田空港までのバスが出てるバス停へと車を走らせました。

バス停へと着くと、車を駐車場に置きバス停でバスの出発時間になるまで近くのベンチに座って待っていました。

 

しばらくすると成田行きのバスがバス停に来て、荷物をバスに積み込みバスに乗車しました。

 

バスが成田へ向けて出発し始めるとハワイへの想いが溢れてきました。

 

テレビや雑誌でしか見たことのないハワイ、実際はどんな場所なんだろう?とか海がキレイで凄く暑いんだろうなとか色々な思いが脳内で思い浮かんできました。

 

バスが2時間ほどで成田に着くと、自分のスーツケースを取りだし空港内に入った。

 

空港内には各航空会社の受付スペースが建物内にズラーっと並んでいて、その光景を見るだけでもワクワクした。

 

だた、自分が次に何をすれば良いのかわからずにいると、母から絶妙なタイミングで連絡がありさっさと手続きを済ませろとのことだったので搭乗予定のデルタ航空の受付に行き、パスポートを掲示して、スーツケースを預けた。

 

その後は空港内をぶらぶら散歩して探検した。中にはフードコートだったり携帯ショップ、お土産屋などがありお店自体は見慣れたお店も多かったけれど、成田空港内というだけでいつもよりテンションも上がったし、心のときめき感が違った。

飛行機に搭乗

 

間もなくして搭乗口に着き、出発時間の一時間前から飛行機に搭乗できるというので近くで待つことにした。

 

空港内からはこれから乗るであろう飛行機がガラス越しに見えた。

 

 

しばらくするとアナウンスで自分の名前が呼び出され何かあったのかと思って、CAの人に聞いたら僕が座る予定だった席が汚れているため他の席を用意したからそっちに変更してほしいと言われた。

 

呼ばれた瞬間ビックリしたけれど、大事ではなくて良かったと一安心した。

 

そして搭乗可能時間になったのでCAさんにチケットを見せて飛行機に乗り込み自分の席に着席した。

偶然にも窓際の席だったので外の景色もよく見えた。

 

飛行機内は満席というわけではなく、空席もちらほらあった。

 

前の座席とのスペースは狭かったけれど、これからハワイへ行ける事を考えたらそんなことはどうでも良かった。

 

目の前には食事を摂る時に使用する折り畳み式の小さなテーブルと小さいディスプレイがあって、映画やゲーム、音楽を聞くことができるようだった。

 

いよいよ離陸

 

そんなこんなしている内に次第に飛行機の離陸時間が近づいてきた。

 

シートベルトを締めるようアナウンスがあり、シートベルトを締めてしばらくすると飛行機がゆっくり動きだした。

 

飛行機が動いたのが分かった瞬間、ハワイへ行ける実感がまたわいてきて、ドキドキとワクワクが止まらなかった。

 

飛行機はその後滑走路に向けて少しずつ動き旋回し始めた。

 

自分の席から外の景色が見えたので、その様子が良く分かった。

 

そしてついに飛行機は滑走路に着き、次第に加速していった。

 

ゴォォォォォ」とすごい音を出しながら滑走路を走りだす飛行機。

 

それと同時に体がシートに少しのめり込み、久しぶりに感じる飛行機の加速による遠心力にビックリした。

 

飛行機はどんどん加速していき、遂に離陸した!

 

この瞬間自分の中のテンションもMAXになりハワイに行ける事の嬉しさが爆発した。

 

心の中で何度も「ハワイに行ける!ハワイに行ける!」と叫んでいた。

 

窓から景色を覗くと人や建物が次第に小さくなっていった。

 

あと7時間後にはハワイに行ける!そんな思いの中飛行機は空に向かって高度をどんどん上げていき、やがて斜めになっていた視界も真っ直ぐになり、飛行状態が安定し始めた。

 

以上こんな感じでハワイ一人旅に行く形になりました。

その後、無事ハワイに着き一人旅ならではの苦労もありましたが、ハワイを充分満喫することができました。もしハワイに一人で行きたいけど勇気が無くて悩んでいる方がいるのであれば、思いきって行動してみる事をお勧めいたします。

ハワイであれば日本人がたくさんいるのでコミュニケーションの心配もないですし、治安も比較的良いので是非ハワイ一人旅に挑戦してみてください!