Rainbow
Studio

ホームページ制作お任せください。

お客様のご要望に柔軟に対応致します。

メイン画像

2020/2/24

ニコンD500でポートレート撮影はありか?実際に撮影してみました

こんにちわ、ひろみんです。

僕は約3年前からポートレート撮影を趣味でやっています。

使用しているカメラはNikonのD500です。
NikonのD500というと鉄道や野鳥撮影、あるいはモータースポーツなどのいわゆる「動きモノ」と呼ばれる撮影分野に強いイメージがありますよね?

そのためポートレート撮影を行う場合はフルサイズのカメラを使用して、撮影を行うカメラマンが多いのではないでしょうか?

しかしポートレート撮影以外にも「動きモノ」撮影をやってみたい方にとってはD500は魅力的なカメラであり、他のフルサイズのカメラとどちらが良いのか迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

果たしてAPS-C機であるD500でポートレート撮影を行っても、フルサイズ機並みにキレイに撮影ができるのか?

D500を実際に使用している僕自身で検証を行ってみました。

Nikon D500の特徴

D500はNikonの一眼レフカメラであり、被写体補足力に非常に優れたカメラです。

あらゆる撮影シーンに対応できるクロスセンサーや153点AFシステムが特徴で、モータースポーツなどの被写体の動きが超高速な場合でもしっかりピントを合わせて撮影を行うことを得意としているカメラです。

ただAPS-C機であるためフルサイズ機と比べると、ぼけ量の少なさや階調表現の甘さだったり素人目線ではあまりわかりませんが、少しばかりデメリットも存在します。

イメージセンサーとは?

カメラに使用されている半導体センサーのことです。デジタルカメラだけではなく、普段私たちが使用しているスマートフォンのカメラにも搭載されています。

原理はカメラのレンズから入射した光を電気信号に変換し、データ転送を行う仕組みになっています。

撮影した写真の画質の良しあしを左右する、いわばカメラの心臓部です。

主なイメージセンサーの種類を挙げると

  • フルサイズ(36mm×24mm)
  • APS-C(23.6mm×15.8mm)
  • フォーサーズ(17.3mm×13mm)
  • 1型(13.2mm×8.8mm)
  • 1/2.3型(6.2mm×4.6mm)

上記の5種類になります。

()の中に記載したのがイメージセンサーの大きさになります。数値が大きければ大きいほど光をより多く取り込めるので画質が良くなります。

フルサイズはAPS-C機と比べると写真の白飛びや黒つぶれ、暗い場所でのノイズなどを低減してくれます。

D500はイメージセンサーのサイズがAPS-C(23.6mm×15.8mm)なので、フルサイズに比べると画質は劣るということになります。

 

 

ポートレートとは?

肖像画や肖像写真の意味で、風景や建物を背景にして人物を被写体とした写真撮影のことをいいます。

ここ最近特に多いのが女性を被写体とした撮影で、アマチュアカメラマンが参加して撮影を行う撮影会も数多く存在していて、スマートフォンなどの普及によりさらに一般的な撮影ジャンルとなっています。

またSNSであるTwitterやInstagramなどにもポートレート写真が毎日たくさん投稿されており、それがいいねリツイートなどによって拡散され、たくさんの人が目にしています。

D500での撮影

実際に撮影会に参加し、Nikon D500で撮影をしてみました。

今回撮影させていただいたのはレースクイーンさん達が年に数回行っているギャルズパラダイスのイベントです。

場所はお台場の海でクルーズ船に乗りながら撮影させていただきました。

使用レンズ:AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR

 

モデル:生田ちむさん 
所属事務所:イースマイル

さすがレースクイーンさんだけあって、モデルさんはキレイだしスタイルも抜群です!

まとめ

結果から言ってしまうと素人目ではわからないぐらいキレイに撮れていると思います。APS-C機でもぼけ感がしっかり出ていてモデルさんが立体的に見えてるのが分かると思います。

天候が曇りで光自体が弱いため、この写真だけでは判断がしにくい部分はあるかと思いますが、特に目立った白飛びや黒潰れはありませんでした。

もちろんポートレートのみを撮影するのであればフルサイズ機の方がキレイに撮れるので、そちらをオススメします。
しかしAPS-C機でも十分キレイに撮ることができるので、ポートレートだけではなくいわゆる「動きモノ」も撮りたい!という方にはD500は本当にオススメのカメラです。

ちなみにサーキットでD500を使用してマシン撮りを行うと

このようにピントも合いやすいので、やはり「動きモノ」を撮影するにはもってこいのカメラだと思います。

フルサイズか?D500か?迷われている方は是非この記事を参考にして、D500を検討してみてください。